ブレイクダンスとは

 
【プロフィール】 【サイト広告】 【最上位の表示】 【よくある質問】
 
 
当サイトにすでに登録されている教室は → 【ログイン】
 
トップページ はじめての方へ ダンス教室様へ ダンス教室一覧 ダンスのまとめ
 
 
 

ブレイクダンスとは?基本技から応用技まで初心者に徹底解説!

「ブレイクダンスってどんなダンスだろう」や「ブレイクダンスはどんな技があるの」と悩んでいませんか?

ここでは、ブレイクダンスの特徴と、基本から応用技まで初心者にも分かりやすく解説します。

ブレイクダンスとは?基本技から応用技まで初心者に徹底解説!


なお、この文章を書いている私は、、、


ダンス教室のコンサルタント

1,000件以上のダンススクールが登録している「ダンス教室検索サイト」を運営しています。

また、ダンス教室のホームページ作成や集客を行っているWEBコンサルタントです。



ブレイクダンス(ブレイキン)は、2024年のパリオリンピックで新たに採用されました。

現在、とても人気があるブレイクダンスの特徴や技、練習方法などを分かりやすくお伝えするので、ぜひ最後までご覧くださいね!



【目次】このページを読んで分かること
 
  • ブレイクダンス(ブレイキン)とは
  • ブレイクダンスの歴史
  • ブレイクダンスの基本技から応用技まで
  • ブレイクダンスの練習方法と場所
  • ブレイクダンスに合う音楽の選び方
  • ブレイクダンスを学ぶ方法
  • ブレイクダンスを楽しむための考え方
  • 【まとめ】ブレイクダンスとは
 

ブレイクダンス(ブレイキン)とは



まずは、ブレイクダンス(ブレイキン)の詳細について、ご説明します。


ブレイクダンスとは

ブレイクダンスとは、1970年代にニューヨークで生まれたダンススタイルです。 アクロバティックな動きや地面を使った技が特徴になります。

このダンスは、音楽の「ブレイク」部分に合わせて踊られることから名付けられました。

ブレイクダンスは、当初アメリカの都市部の若者文化の一部として始まりましたが、映画やメディアを通じて世界中に広まりました。


ブレイクダンスとブレイキンの違い

「ブレイキン」という言葉は、「ブレイクダンス」のもう一つの呼び方であり、同じ意味です。

ちなみに、ダンスコミュニティ内では「ブレイキン」と言う言葉が好まれて使われていて、オリンピックのような公式のスポーツでも、「ブレイキン」という言葉が使われています。


ブレイクダンスの技

ブレイクダンスの技にはさまざまなものがあり、ウインドミルやヘッドスピンなどのパワームーブや、チェアーやジョーダンなどのフリーズ技があります。

ウインドミルは、両足を開きながら背中や肩で回転する代表的なパワームーブです。

ヘッドスピンは、三点倒立の状態から頭を軸にして回転する技で、ブレイクダンスの花形技の一つです。


ブレイクダンスでよく使われる音楽

ブレイクダンスには、ファンク、ソウル、ジャズなどの1970~80年代の音楽がよく使われます。

このジャンルの音楽は、110~135BPMのテンポ(ジョギングを始めるくらいのスピード)で、ブレイクダンスに適したリズムとビートを持っています。


ブレイクダンスのイベント

世界規模で多くのイベントが開催されており、「Battle of the Year」や「UK Bboy Championships」、「Freestyle Session」、「Red Bull BC One」などが、有名な大会です。

これらのイベントは、主にダンサーたちが技やダンスを競い合うバトル形式で行われます。


ブレイクダンスの始め方

ブレイクダンスを始めるには、ダンススクールに通う、独学で学ぶ、またはダンスサークルに所属するなどの方法があります。

特に、ブレイクダンスを学ぶことができるダンススクールは、最近とても増えているので、とても有効な方法の1つです。


ダンス教室のコンサルタント

ブレイクダンスは技の種類が多くて、初心者でも挑戦する楽しさがあります。

印象に残るのは、ウインドミルやヘッドスピンなどの、クルクル回る技ですよね!

 

ブレイクダンスの歴史



ここでは、ブレイクダンスの歴史について、お伝えします。


ニューヨークから世界へ

ブレイクダンスは、1970年代にアメリカ、ニューヨークのストリートで生まれたダンスです。 このダンスは、音楽の「ブレイク」の間に踊ることから、この名前がつきました。

最初は地元の若者の間で人気がありましたが、やがて世界中に広がっていきました。


文化としての進化した

ブレイクダンスは、ただのダンスから、ストリートカルチャーの重要な部分になりました。

音楽、ファッション、アートと合わせて、都市の若者たちの生き方や考え方を表すものになりました。

ブレイクダンスは、自分の身体を使ってストーリーを語る方法としても使われています。


世界への広がった

世界中に広がるにつれ、ブレイクダンスはいろいろなスタイルや形に進化しました。

国際的な大会では、このダンスの多様性がよく見られます。 それぞれの国や地域で、独自のスタイルが生まれています。


オリンピック競技として採用

2024年のパリオリンピックで正式な競技として取り入れられることが決まり、ブレイクダンスは世界中で認められるスポーツになりました。

これは、ブレイクダンスが大きく成長したことを表しています。


カルチャーとしての価値

ブレイクダンスの文化は、自由と個性を大切にします。 自分だけのスタイルを持ち、それを通じて自己表現することが、このダンスの本質です。

みんなが楽しめる場で、自分の技を磨き、他の人たちと共有することで、ブレイクダンスはこれからも成長していくはずですよ!


 

ブレイクダンスの基本技から応用技まで



ブレイクダンスには、いろいろな技があります。

ここでは、ブレイクダンスの基本技から応用技までお伝えします。


基本のステップ

【トップロック】
立っている状態で行うダンス。リズムに合わせて足を前後左右に動かす。

【6ステップ】
フロアに手と足をつけて、足を交差させながら円を描くように動かす基本的なフットワーク。

これらはブレイクダンスの基礎となる動きです。 ダンスの始めにこれらの動きを入れることで、リズムを掴みやすくなります。


応用技

基本を覚えたら、もっと難しい技にも挑戦してみましょう!


【ウィンドミル】
背中を地面につけたまま、両足を使って風車のように回転する動き。

【ヘッドスピン】
頭を地面につけて、身体を回転させる技。バランスと力が必要です。

これらの応用技は、かなりの練習が必要ですが、ブレイクダンスの見せ場となる動きです。

この技に憧れて、「ブレイクダンスをやってみたい!」と思う人も多くいます。


 

ブレイクダンスの練習方法と場所



ブレイクダンスが上手くなりたいなら、どうやって練習するか、どこで練習するかも大切なポイントです。

ここでは、ブレイクダンスの練習方法と場所について、お伝えします。


練習方法

【毎日の練習】
基本的なことだけど、毎日少しずつでも練習することが大切です。小さいことからコツコツと練習しましょう。

【ビデオを見る】
上手な人のダンスをビデオで見て、真似してみましょう。動きのコツやリズム感を学べます。

【自分の動きを録画する】
スマホやカメラで自分のダンスを録画して、見直すことも大切です。どこがうまくいって、どこがダメか確認できます。

練習場所

【自宅】
自宅のリビングや庭で練習できます。スペースがあれば、マットを敷いて練習するといいですね。

【公園】
近くの公園でも練習できます。広いスペースがあって、他の人の邪魔にならない場所を選びましょう。

【ダンススタジオ】
本格的に練習したいなら、ダンススタジオを使うのも一つの方法です。他のダンサーと一緒に練習できるので、新しい技やアイデアを共有できます。

練習のポイント

【安全に注意する】
怪我をしないように、動きには注意してください。特に高度な技をする時は、安全が一番ですよ。

【基本を大切にする】
難しい技に挑戦する前に、基本的なステップや動きをしっかりとマスターしましょう。

【楽しみながら練習する】
一番大切なのは、ダンスを楽しむこと。自分のペースで、楽しみながら上達していきましょう!

ダンス教室のコンサルタント

ブレイクダンスは、どこでも始められる素晴らしいダンスです。 上手くなるには時間がかかるけど、練習を続ければきっとカッコいいダンスができるようになりますよ!

自分の好きな場所で、自分のペースで、楽しく練習してくださいね。

 

ブレイクダンスに合う音楽の選び方



ブレイクダンスをするとき、音楽はとても大切です。 カッコいい動きには、リズムやビートが合った音楽が必要です。

ここでは、ブレイクダンスに合う音楽の選び方を紹介します。


ビートがはっきりしている音楽を選ぶ

ブレイクダンスには、ビートがはっきりしていて、リズムを感じやすい音楽が合います。 ドラムの音が強い曲や、ベースラインがはっきりしている曲がおすすめです。


オールドスクールのヒップホップを探してみる

ブレイクダンスのルーツは、オールドスクールのヒップホップにあります。 1970年代から1980年代のヒップホップの曲は、ブレイクダンスにぴったりです。

この時代の音楽には、ダンスに合うリズムやビートがたくさんあります。


自分が好きな曲を選ぶ

大切なのは、自分が動きやすいと感じる曲を選ぶことです。 自分が気に入っている曲だと、ダンスももっと楽しくなります。

いろいろなジャンルの音楽を試して、自分に合うものを見つけましょう。


ダンス用のプレイリストを作る

いろいろな曲を集めて、自分だけのダンス用プレイリストを作るのもいいですね。

練習する時や、友達と一緒に踊る時に、すぐに音楽を流せるようにしておくと便利です。


【例】ブレイクダンスに合う曲

下記は、ブレイクダンスに人気のある音楽のジャンルと、具体的なアーティストや曲の例です。


1. クラシックヒップホップ
・Grandmaster Flash and the Furious Five - "The Message"
・Afrika Bambaataa & The Soulsonic Force - "Planet Rock"
・Run-DMC - "It's Like That"

2. ファンク
・James Brown - "Get Up Offa That Thing"
・The Meters - "Cissy Strut"
・Parliament - "Give Up The Funk"

3. ブレイクビーツ
・The Incredible Bongo Band - "Apache"
・Lyn Collins - "Think (About It)"
・The Winstons - "Amen Brother"

4. エレクトロ
・Herbie Hancock - "Rockit"
・Man Parrish - "Hip Hop, Be Bop (Don't Stop)"
・Cybotron - "Clear"

ダンス教室のコンサルタント

ブレイクダンスをするときは、曲のビートに合わせてダイナミックな動きやパワームーブ、フットワークを披露します。

そのため、リズムがはっきりしていて、ダンサーがエネルギーを表現しやすい音楽がいいですよね。

ここでご紹介した音楽は、ダンスバトルや練習、デモンストレーションにもよく使われます。

 

ブレイクダンスを学ぶ方法



ブレイクダンスをもっと上手になりたいなら、ダンススクールやコミュニティに参加すると良いです。

ここでは、ブレイクダンスを学ぶ方法について、お伝えします。


ダンススクールで学ぶ

いろいろなダンススクールが、ブレイクダンスのクラスを用意しています。 初心者から上級者まで、レベルに合わせたクラスがありますので、自分に合ったスクールを探してみましょう。

スクールによっては、無料体験レッスンを提供しているところもあるので、気軽に試してみるのもいいですね。


コミュニティに参加して学ぶ

ブレイクダンスのコミュニティは、同じ興味を持つ人たちが集まって、一緒に練習したり、情報交換をしたりする場所です。

SNSやインターネットで検索すると、近くのコミュニティを見つけることができます。

コミュニティに参加すると、新しい技を学んだり、イベントに参加したりするチャンスも増えますよ。


オンラインで学ぶ

今は、オンラインでブレイクダンスを学べるサイトやビデオもたくさんあります。

自宅で練習したい人や、自分のペースで学びたい人には、オンラインのレッスンがおすすめです。

YouTubeには、基本的な技から応用技まで教えてくれるチャンネルもありますので、チェックしてみてください。


ダンス教室のコンサルタント

ダンススクールやコミュニティ、オンラインのレッスンをうまく利用して、ブレイクダンスの腕を磨きましょう!

そして、何よりも大切なのは、楽しみながら練習することです。

自分に合った学び方を見つけて、ブレイクダンスをもっと楽しんでくださいね。

 

ブレイクダンスを楽しむための考え方



ブレイクダンスを楽しむためには、ポジティブなマインドセットが必要です。

ここでは、ブレイクダンスを楽しむための考え方についてお伝えします。


自分を信じること

初めてブレイクダンスをする時、うまくいかないこともあるかもしれません。 でも、大切なのは自分を信じて続けることです。

失敗を恐れずに、チャレンジし続ける勇気が成長につながりますよ!


他の人と比べない!

人と比べて落ち込むこともあるかもしれませんが、大切なのは自分のペースで上達することです。

他の人の良いところを見て、刺激を受けるのはいいですが、自分と比べて落ち込まないようにしましょう。(比べたくなる気持ちは分かります)


楽しむことを忘れない

ブレイクダンスは、技術や競争もあるけれど、一番は楽しむことです。

ダンスを通じて、自分の表現を見つけたり、新しい友達を作ったりすることができるので、とにかく楽しみましょう!


コミュニティの力を借りる

一人で練習するのもいいけれど、ダンスのコミュニティに参加すると、もっと楽しめます。

同じ興味を持つ人たちと一緒に、お互いを高め合える関係を作りましょうね。


ダンス教室のコンサルタント

ブレイクダンスは、ただ技を覚えるだけではなく、その過程で自分自身を表現し、成長できることが良いところです。

自分自身を信じて、自分のペースで進めば、きっと素晴らしい経験ができるはずですよ!

 

【まとめ】ブレイクダンスとは

ブレイクダンスとは?基本技から応用技まで初心者に徹底解説!の内容はいかがでしたでしょうか?




ブレイクダンスは、ストリートダンスの一種で、カッコいい動きや技がたくさんあります。

特に、「ウインドミル」や、頭でクルクル回る「ヘッドスピン」は独特で、とても印象に残りますよね。

そのため、ブレイクダンスは特に若い人に人気があって、2024年のパリオリンピックに「ブレイキン」が正式に採用されました!

オリンピック種目に採用されたことで、ブレイクダンスはこれからもっと注目されていくと思います。

当サイト(ダンス教室検索サイト)にも、ブレイクダンスを学ぶことができるダンススクールがたくさん登録されているので、ぜひ活用してくださいね。

これからも、ブレイクダンスはかなり注目だと思いますよ!


 
 
ダンススクールを探す
 
ダンススクール一覧
 
 
ダンスの基礎知識
 
ダンスのおすすめポイント
ダンスの種類
ダンスワークショップとは
良いインストラクターとは
 
 
ダンスをもっと知ろう!
 
ダンスの歴史
体のメンテナンス
体を柔らかくする方法
筋肉トレーニング
ダンスの必修化
キッズダンス事情
ダンス音楽
ダンス動画
 
 
ダンスの練習方法
 
独学で練習する
上達のコツ
ダンス振り付けの覚え方
ダンス振り付けのコツ
リズム感を鍛える
 
 
ダンサーになるには
 
ダンサーになるには
振付師になるには
ダンスの仕事を得る方法
ダンスオーディション
 
 
 
ポータルサイト
 
全国お店登録サイト
WEBデザイナー比較サイト
ピアノ教室検索サイト
中国語教室検索サイト
犬トリミング店検索サイト
ペットシッター検索サイト
少年野球の練習試合募集
行政書士検索サイト
探偵・興信所検索サイト
整体師検索サイト
 
 
運営者情報
 
特定商取引に基づく表記
個人情報保護の方針
お問い合わせ
 

Copyright © ダンス教室検索サイト All rights reserved.
 
トップページ無料の登録サイト広告プラン各都道府県の最上位表示メルマガ広告
プロフィール特定商取引に基づく表記よくある質問お問い合わせ
by 無料ホームページ制作講座

^