ダンサーになるには?

 
【プロフィール】 【サイト広告】 【最上位の表示】 【よくある質問】
 
 
当サイトにすでに登録されている教室は → 【ログイン】
 
トップページ はじめての方へ ダンス教室様へ ダンス教室一覧 ダンスのまとめ
 
 

  ダンサーになるには?

ここでは、ダンサーになるための方法をお伝えします。


■ ダンサーとは?

ダンサー(dancer)とは、ダンスを職業にしている人の事 を言います。 団体の場合は「ダンスグループ」や「ダンスユニット」などとも呼ばれます。

日本語では「舞踊家」や「舞踏家」と訳されますが、こちらは一般的に、舞台芸術を踊る人を指す場合が多く、 カタカナの「ダンサー」とは使い分けられる事があります。

また、メインのアーティストや、ダンサーの後ろで踊るダンサーの事を「バックダンサー」と呼ぶことが多く、 振り付けができるダンサーは「振り付け師」や「コレオグラファー」と呼ばれていて、 ダンサーが必ず振り付けをできるわけでもないです。

ダンスには、バレエ、クラッシック、ストリートまで様々な種類 があり、 それぞれの基本ポーズや、ステップなどをマスターして、ステージの演出などに応えます。


また、クラシック、バレエに対して現代舞踊のことは、「コンテンポラリーダンス」と呼ばれています。

他にもベリーダンス、フランメンコ、ハワイアン、ジャズダンス、ヒップホップダンス、ブレイクダンスなどに、 それぞれにダンサーがいます。

 

■ ダンサーになるには?

ダンサーになりたい、ダンスが大好き!という人が世の中にたくさんいるのは、 やはりダンスというものがとても楽しいものであるということが一番大きな理由であると思います。

ダンサーになりたい、と思っても、まずは具体的に何をすればよいのかわからない、という人も多くいるでしょう。

独学でもダンサーになることは可能 ですが、 ダンススクールやダンス教室などで、基礎を学んだほうが近道 です。

卒業後は、ダンススタジオや劇団に所属したり、オーディションに応募します。 基本的には、各オーディションを通過すると仕事がもらえたりします。

 

■ ダンサーになるために必要なこと

ダンスを仕事とするわけですから、まずは人前で踊れなければいけません。

ダンスの仕事には、バックダンサー、振付師、ダンスインストラクター、など、 さまざまな種類がありますが、ダンサーとしての基本能力は必要不可欠です。

ダンサーとしての人間性、色々なダンスを踊ることができる技術、ダンスを表現できる、 強靭な体などです。このぐらいは最低限必要 になってきます。

例えば、振付師なら、決められた期間内で、ダンスの振りを作らないといけません。 ダンスインストラクターでは、ダンスの技術に加えて、人に教える能力も必要です。

技術があっても、教える能力がなければ、ダンスインストラクターになるのは難しいでしょう。

 

■ ダンサーの給料と収入

ダンサーの主な収入源は、ダンスインストラクターや、イベントの出演料など です。 正式な発表はありませんが、ダンサー1本で生活するのは、今現在、かなり厳しいといえます。


 
ダンススクールを探す
 
ダンススクール一覧
 
 
ダンスの基礎知識
 
ダンスのおすすめポイント
ダンスの種類
ダンスワークショップとは
良いインストラクターとは
 
 
ダンスをもっと知ろう!
 
ダンスの歴史
体のメンテナンス
体を柔らかくする方法
筋肉トレーニング
ダンスの必修化
キッズダンス事情
ダンス音楽
ダンス動画
 
 
ダンスの練習方法
 
独学で練習する
上達のコツ
ダンス振り付けの覚え方
ダンス振り付けのコツ
リズム感を鍛える
 
 
ダンサーになるには
 
ダンサーになるには
振付師になるには
ダンスの仕事を得る方法
ダンスオーディション
 
 
 
ポータルサイト
 
全国お店登録サイト
WEBデザイナー比較サイト
ピアノ教室検索サイト
中国語教室検索サイト
犬トリミング店検索サイト
ペットシッター検索サイト
少年野球の練習試合募集
行政書士検索サイト
探偵・興信所検索サイト
整体師検索サイト
 
 
運営者情報
 
特定商取引に基づく表記
個人情報保護の方針
お問い合わせ
 

Copyright © ダンス教室検索サイト All rights reserved.
 
トップページ無料の登録サイト広告プラン各都道府県の最上位表示メルマガ広告
プロフィール特定商取引に基づく表記よくある質問お問い合わせ
by 無料ホームページ制作講座

^