タップダンスとは

 
【プロフィール】 【サイト広告】 【最上位の表示】 【よくある質問】
 
 
当サイトにすでに登録されている教室は → 【ログイン】
 
トップページ はじめての方へ ダンス教室様へ ダンス教室一覧 ダンスのまとめ
 
 
 

タップダンスとは?特徴や基本ステップを初心者に分かりやすく解説

「タップダンスに興味がある」、「でもタップダンスって初心者にできるのかな」と悩んでいませんか?

ここでは、タップダンスの魅力や、初心者でも簡単に始められる基本ステップなどを分かりやすく解説します。

タップダンスとは?特徴や基本ステップを初心者に分かりやすく解説


なお、この文章を書いている私は、、、


ダンス教室のコンサルタント

1,000件以上のダンススクールが登録している「ダンス教室検索サイト」を運営しています。

また、ダンス教室のホームページ作成や集客を行っているWEBコンサルタントです。



靴で音を奏でる「タップダンス」は、テレビでも目にすることは多いと思います。

ここでは、タップダンス歴史や魅力、メリットや基本ステップなど、タップダンスのすべてをお伝えするので、ぜひ最後までご覧くださいね!



【目次】このページを読んで分かること
 
  • タップダンスとは
  • タップダンスの歴史
  • タップダンスの魅力
  • タップダンスを始める4つのメリット
  • タップダンスの基本ステップと技
  • タップダンスの2つのスタイル
  • タップダンスを始めるために必要なもの
  • タップダンスを始める方法
  • タップダンス教室を選ぶポイント
  • タップダンスで知られる有名人
  • 【まとめ】タップダンスとは
 

タップダンスとは



タップダンスとは、足の動きと地面をたたく音を使ってリズムを作り出すダンスのことです。

靴の底についている金属の板(タップ)が床にぶつかることで、音楽のようなリズムが生まれます。

このダンスは、音楽をただ聴くだけでなく、自分の体を使って音楽を「奏でる」ことができる、とても特別なダンスです。


タップダンスの誕生は?

タップダンスは、アメリカで生まれたと言われていますが、そのルーツはアフリカやヨーロッパのダンスにもさかのぼることができます。

時間が経つにつれて、このダンスはいろいろなスタイルや形に進化してきました。

昔はエンターテイメントとしての側面が強かったですが、今では健康やフィットネス、自己表現の手段としても人気があります。


タップダンスで大切なこと

タップダンスをする時は、リズム感がとても大切です。 音楽に合わせて足を動かし、自分だけの音を作り出すことができます。

初心者の方でも、基本のステップから少しずつ練習していけば、楽しむことができます。

また、このダンスは年齢を問わず、だれでも始めることができるので、家族や友達と一緒に楽しむこともできます。


タップダンスに必要なもの

タップダンスを始めるには、特別な装備はほとんど必要ありません。 最も大切なのは、タップがついた靴です。

この靴があれば、どこでも練習を始めることができ、タップダンスを行うことができます。


 

タップダンスの歴史



ここでは、タップダンスの歴史について、お伝えします。


アフリカとヨーロッパのルーツ

アフリカのリズムと、ヨーロッパのステップダンスがアメリカで出会い、それがタップダンスの基礎になりました。

この融合は、新しい形の表現を生み出して、独自のスタイルが誕生する形になりました。


ミンストレルショー

19世紀には、ミンストレルショーが人気を博して、この舞台を通じてタップダンスが広まりました。

しかし、この時代のショーは、人種的なステレオタイプを強化する内容も含まれていたため、複雑な過去の一面も持ち合わせています。


ボードビルから映画へ

20世紀に入ると、タップダンスはボードビルの舞台から映画、そしてテレビへとその場を広げていきました。

フレッド・アステアやジーン・ケリーなどのスターによって、タップダンスはさらに洗練され、国際的な注目を集めるようになりました。


現代のタップダンス

現代において、タップダンスはクラシックなスタイルから新しい音楽やリズムを取り入れた形へと進化し続けています。

世界中のダンサーたちが、それぞれの文化や個性をダンスに反映させ、新たなスタイルを作り出しています。


 

タップダンスの魅力



タップダンスの魅力は、ただ踊るだけでなく、音楽を「奏でる」ダンスであることです。

ここでは、タップダンスの魅力について、お伝えします。


1. 音楽と運動を一緒に楽しめる

タップダンスを踊るとき、あなたは音楽の一部となり、自分の足でリズムを作り出します。

これは、ただ音楽に合わせて体を動かすのではなく、自分自身が楽器のようになって音楽を生み出すことができるということです。

この体験は、他のどのダンスにもない特別なものです。


2. 表現の幅が広い

タップダンスは、感情や物語を表現する素晴らしいダンスです。

リズムやステップの組み合わせによって、喜びや悲しみ、エネルギッシュな気持ちなど、さまざまな感情を伝えることができます。

ダンサーは自分の内面を表現し、観客と深いつながりを築くことができます。


3. 誰でも始められる

年齢や経験に関係なく、誰でもタップダンスを始めることができます。 基本的なステップは簡単で、少しずつ複雑な技に挑戦していくことができます。

また、タップダンスは体力をつけるのにも役立ち、健康的なライフスタイルをサポートします。


4. 仲間を作る

タップダンスは、ダンス教室やグループで一緒に練習することで、新しい友達を作るきっかけになります。

共通の趣味を持つ人々とのつながりは、社会生活においても大切な役割を果たします。


ダンス教室のコンサルタント

タップダンスは、自分自身が音楽を奏でる喜びと豊かな表現力、そして誰でも始めやすいことが特徴です。

あなたもタップダンスの魅力的な世界に足を踏み入れてみませんか?

 

タップダンスを始める4つのメリット



ここでは、タップダンスを始めるメリットをお伝えします。


1. 全身運動になる

タップダンスは、足だけでなく体全体を使うため、健康維持や体力向上に役立ちます。


2. 他のダンスにはない音楽性

自分の足でリズムを刻み、音楽を奏でる喜びは、他のどのダンスにもない特別な体験です。


3. 独特な表現力

基本ステップから応用まで学びながら、自分の感情やストーリーをダンスで表現できます。


4. 同じ趣味を持つ人とのつながり

教室に通ったり、発表会に参加したりすることで、同じ趣味を持つ人々とのつながりが生まれます。


 

タップダンスの基本ステップと技



タップダンスを始めるにあたって、いくつかの基本ステップや技を知っておくと良いでしょう。

ここでは、タップダンスの基本ステップと技を紹介します。


ステップ1. タップ

靴のつま先やかかとで床をたたく動きです。 この単純な動きがタップダンスの基本となり、リズムを作り出します。


ステップ2. スタンプ

足全体を床にしっかりと打ちつける動きです。 タップよりも大きな音が出るのが特徴です。


ステップ3. ステップ

足を軽く床につける動きで、次の動きへ移るための準備ステップとして使われます。



技1. シャッフル

タップダンスでとてもよく使われる技の一つです。 足のつま先で床をこするように前に出し(ブラッシュ)、同じ足で床をこするように引き戻す(バック)動きをします。

この動きを繰り返すことでリズムを作ります。


技2. フラップ

ステップとタップを組み合わせた技です。 片足でステップをしてから、すぐにタップ(つま先で床をたたく)します。

フラップは流れるような動きで、さまざまなステップのつなぎに使われます。


技3. バラップ

フラップの動きにジャンプを加えた技です。 両足を使ってジャンプし、着地するときにタップします。


ダンス教室のコンサルタント

これらの基本ステップと技をマスターすることで、タップダンスの基礎を固め、より複雑なステップや振り付けに挑戦する準備ができます。

最初はゆっくりと練習し、動きに慣れてきたらスピードを上げてみましょう。

練習を重ねることで、自分だけのリズムやスタイルを見つけることができるようになりますよ!

 

タップダンスの2つのスタイル



タップダンスには、主に2つのスタイルがあります。
ここでは、タップダンスのスタイルについてお伝えします。


1. リズムタップ

リズムタップは、音楽のリズムやビートを強調するスタイルです。 このスタイルでは、ダンサーの足が楽器のように使われ、複雑なリズムやビートを作り出します。

ダンサーは音楽と一体となって踊るため、非常に高いリズム感が求められます。

リズムタップは、即興性が高く、ダンサーの個性や創造性が重視されるスタイルです。


2. ブロードウェイタップ

ブロードウェイタップは、ショー性やエンターテイメント性を強調するスタイルで、ミュージカルや舞台でよく見られます。

このスタイルでは、ステップだけでなく、手の動きや表情、全体の演出が重要になります。

ブロードウェイタップは、物語を伝えるための手段としても使われ、観客を引き込むための劇的な要素が含まれています。


どちらのスタイルを選ぶか

どちらのスタイルを選ぶかは、ダンサーの好みや目的によります。 リズムタップは、音楽と深く対話しながら、自分自身のリズムを探求したい人に適しています。

一方、ブロードウェイタップは、観客を魅了するストーリーを演じたい人や、ダンスを通じてエンターテインメントを提供したい人に適しています。


ダンス教室のコンサルタント

タップダンスの世界には、これら2つのスタイル以外にも、さまざまなスタイルや流派があります。

自分に合ったスタイルを見つけて、それを深めていくことで、タップダンスの楽しさや可能性をさらに発見することができますよ。

 

タップダンスを始めるために必要なもの



タップダンスを始めるために必要なものは、それほど多くありません。

ここでは、タップダンスを始めるために必要なものをお伝えします。


タップシューズ

タップダンスにとって最も重要なアイテムは、やはりタップシューズです。 この特別な靴は、足の動きに合わせて音を出すための金属のタップがついています。

初心者の方は、まずは手頃な価格のものから始めてみると良いでしょう。

慣れてきたら、自分の足にぴったり合う、もっと質の良いシューズにグレードアップすることも考えられます。


快適なダンスウェア

タップダンスは体全体を使うダンスなので、動きやすい服装が必要です。 特に足の動きが重要になるため、足元がしっかり見えるようなズボンやレギンスがおすすめです。

また、汗をかくことも多いので、吸湿性の良い素材のトップスを選ぶと快適にダンスが楽しめます。


ダンスマットまたはフローリングの床

家で練習する場合、タップダンスに適した床があると良いでしょう。 フローリングの床が理想的ですが、カーペットや畳の上では音がしっかり出ないことがあります。

そんなときは、ダンスマットを使うと良い音が出せますし、床を傷つける心配もありません。


鏡(もしくは窓ガラス)

自分の動きを確認しながら練習するために、大きな鏡があるととても便利です。

鏡を見ながら踊ることで、姿勢やステップの正確さをチェックし、改善していくことができます。


動画や教材

タップダンスを独学で始める場合、インターネット上の動画や教材が役立ちます。

基本ステップから応用まで、さまざまなレベルの教材がありますので、自分のレベルに合ったものを選んでください。


ダンス教室のコンサルタント

タップダンスを始めるためには、やぱりタップシューズが一番必要ですよね。

これらの基本的なアイテムがあれば、タップダンスを始めるのは十分ですよ。

 

タップダンスを始める方法



タップダンスを始める方法はいくつかあります。 基本的なステップから始めて、徐々に上達していくことが大切です。

ここでは、タップダンスを始めるためのステップをお伝えします。


1. 必要なものをそろえる

始める前に、タップシューズと動きやすい服装を準備しましょう。 家で練習する場合は、フローリングの床やダンスマットがあると良いです。


2. 基本ステップを学ぶ

タップダンスの基本ステップを学ぶことから始めましょう。 シャッフルやフラップなどの基本技をマスターすることで、より複雑なステップへと進む準備ができます。


3. オンラインで学ぶ

インターネット上には、タップダンスの基本から応用までを教える動画や教材がたくさんあります。 自分のレベルに合わせて、動画を見ながら自宅で練習することができます。


4. タップダンス教室に通う

もし可能であれば、タップダンス教室に通うことをおすすめします。

プロのインストラクターから直接指導を受けることができ、正しい姿勢やステップを身につけることができます。


5. 練習を続ける

タップダンスは練習を重ねることで上達します。 毎日少しずつでも良いので、コツコツと練習を続けましょう。

また、他のダンサーと一緒に練習することで、新しいステップを学んだり、刺激を受けたりすることができます。


6. 発表の機会を持つ

上達したら、発表の機会を持つことが大切です。 発表会やショーに参加することで、自信をつけることができますし、他の人たちと共有する喜びを感じることができます。


ダンス教室のコンサルタント

タップダンスを始めることは、新しい趣味を見つけるだけでなく、体を動かす楽しさや、音楽と一体になる喜びを体験できます。

勇気を持って、新しい挑戦を始めてみましょう!

 

タップダンス教室を選ぶポイント



ここでは、タップダンス教室を選ぶポイントをお伝えします。


1. 先生はどのような人か

教えている先生の経験や実績をチェックしましょう。

また、その先生が生徒とどのように関わっているか、教え方が自分に合っているかも重要です。


2. クラスのサイズ

少人数のクラスの方が、一人ひとりに合った指導を受けやすいです。 自分のレベルに合ったクラスがあるかも確認しましょう。


3. 施設

床の種類(タップダンスに適した床か)、鏡の有無、広さなど、施設の設備もチェックポイントです。


4. 場所とスケジュール

自宅や職場から通いやすい場所にあるか、また、自分の生活スタイルに合ったスケジュールでクラスが開かれているかも重要です。


5. 入会金や月謝などの費用

受講料はもちろん、登録料やその他の費用も確認しましょう。


ダンス教室のコンサルタント

良さそうなタップダンス教室を見つけたら、体験レッスンを受けてみましょう!

体験レッスンを受けることで、教室の雰囲気やクラスの様子を直接確認することができますよ。

 

タップダンスで知られる有名人



タップダンスは、映画やテレビ、さらには舞台で見せる芸能人によって、知名度がアップしていきました。

ここでは、タップダンスで知られる有名人をご紹介します。


フレッド・アステア

フレッド・アステアは、20世紀を代表するアメリカのダンサー、俳優であり、その優雅なタップダンスは今もなお多くの人々に愛されています。

彼は映画で数多くのダンスシーンを披露し、その中でもタップダンスは彼の代名詞とも言えるものでした。


ジーン・ケリー

ジーン・ケリーもまた、フレッド・アステアと並び称される大スターです。 『雨に唄えば』での彼のパフォーマンスは、映画史に残るタップダンスの名場面として知られています。

彼のダイナミックで表情豊かなダンススタイルは、タップダンスの新たな可能性を世に示しました。


グレゴリー・ハインズ

グレゴリー・ハインズは、モダンタップダンスを代表するダンサーの一人で、その技術と表現力で知られています。

彼はタップダンスを現代的にアップデートし、新しい世代のダンサーに大きな影響を与えました。


サミー・デイヴィスJr.

サミー・デイヴィスJr.は、その万能のエンターテインメント能力で知られるアーティストで、歌手、俳優としてだけでなく、素晴らしいタップダンサーとしても活躍しました。

彼のパフォーマンスは、いつもエネルギッシュで魅力的でした。


 

【まとめ】タップダンスとは

タップダンスとは?特徴や基本ステップを初心者に分かりやすく解説の内容はいかがでしたでしょうか?




タップダンスはとても有名なダンスで、芸能人の方もよくテレビで披露されていますよね。

また、個人的には、ディズニーシーの「ビッグバンドビート」で、ミッキーがタップダンスをやっている姿が、とても印象に残っています。


ダンスをするときに、自分の体(靴)で音を出すというのは、とても魅力的で、「実際にやってみたい」という人も多いと思います。

タップダンスを習うことができるダンススクールもたくさんあるので、ぜひ当サイト(ダンス教室検索サイト)で探してみてくださいね。

そして、良さそうなダンススクールを見つけたら、無料体験レッスンを受けることをおすすめします。

きっと、楽しいと思いますし、新しい世界が見れると思いますよ!


 
 
ダンススクールを探す
 
ダンススクール一覧
 
 
ダンスの基礎知識
 
ダンスのおすすめポイント
ダンスの種類
ダンスワークショップとは
良いインストラクターとは
 
 
ダンスをもっと知ろう!
 
ダンスの歴史
体のメンテナンス
体を柔らかくする方法
筋肉トレーニング
ダンスの必修化
キッズダンス事情
ダンス音楽
ダンス動画
 
 
ダンスの練習方法
 
独学で練習する
上達のコツ
ダンス振り付けの覚え方
ダンス振り付けのコツ
リズム感を鍛える
 
 
ダンサーになるには
 
ダンサーになるには
振付師になるには
ダンスの仕事を得る方法
ダンスオーディション
 
 
 
ポータルサイト
 
全国お店登録サイト
WEBデザイナー比較サイト
ピアノ教室検索サイト
中国語教室検索サイト
犬トリミング店検索サイト
ペットシッター検索サイト
少年野球の練習試合募集
行政書士検索サイト
探偵・興信所検索サイト
整体師検索サイト
 
 
運営者情報
 
特定商取引に基づく表記
個人情報保護の方針
お問い合わせ
 

Copyright © ダンス教室検索サイト All rights reserved.
 
トップページ無料の登録サイト広告プラン各都道府県の最上位表示メルマガ広告
プロフィール特定商取引に基づく表記よくある質問お問い合わせ
by 無料ホームページ制作講座

^